印刷 | 通常画面に戻る |

エピクテトス

1~2世紀、ローマ帝国時代のストア派哲学者。

ローマ帝政時代のストア派の哲学者。小アジアのフリギア出身の奴隷であったが解放され、文章家としてネロ帝などに仕える。外的なものに左右されず、自己を確立することによって自由を得ることを説いた。その思想は、五賢帝の一人、哲人皇帝といわれるマルクス=アウレリウス=アントニヌス帝にも影響を与えた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 ケ.ローマの生活と文化