印刷 | 通常画面に戻る |

新プラトン主義

3世紀後半、ローマ帝国末期にプラトン哲学を復興させた思想。

 古代ローマ末期のプロティノスにはじまる哲学。プロティノスは3世紀にエジプトのアレクサンドリアで学び、ギリシア哲学を研究した。そこでプラトンの言う「一者」や「イデア」という究極の真理は、人間が認識出来るものではなく、そこから流出するものを観照する(直感する)のみであると説く。感覚器官や言葉ではなく、沈黙のうちに絶対の真理と一体化しようと説く、神秘主義をとった。新プラトン派はキリスト教を否定したが、キリスト教徒の中ではアウグスティヌスらの教父が新プラトン主義を取り入れ、教父哲学を体系づけた。 【出題】2004明大政経
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章3節 ケ.ローマの生活と文化