印刷 | 通常画面に戻る |

ピュー

イラワディ川中流で古代ビルマ国家を建設した民族。

ビルマ(ミャンマーは現在の国名。歴史的地域名としてはビルマを使う)に最初に現れた民族。8世紀頃、イラワディ川中流で栄えた民族で、シナ=チベット系の民族。中国の史料では「驃」という字があてらている。やはりインドの影響を受け、仏教が広がっていた。9世紀に中国南部に起こった南詔に圧迫されて衰え、史料から姿を消した。なお、イラワディ川下流から海岸部にはオーストロネシア語族のモン人が仏教文化を生み出していた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章2節 イ.インド・中国文化の受容