印刷 | 通常画面に戻る |

ボロブドゥール

ジャワ島に残る8世紀のシャイレーンドラ朝時代仏教寺院群。世界遺産。

ボロブドゥール寺院
ボロブドゥール寺院
インドネシアのジャワ島中部にある8~9世紀のシャイレーンドラ朝時代の大乗仏教遺跡。大乗仏教を保護したシャイレーンドラ朝の王によって建設された山岳寺院で、カンボジアのアンコール=ワットと並ぶ、東南アジアの貴重な文化遺産である。
 基盤の上に6層の石造の方形壇を築き、さらにその上に3層から成る円壇を有し、その中央に仏塔(ストゥーパ)がある。つまり仏塔を中心とした建造物であり、各層は回廊となっていて多くの小塔と仏像が並んでいる。インドのグプタ朝の影響が見られ、一説によると基盤、方形壇、円壇の三層は、それぞれ地下界、人界、天界という宇宙を象徴しているという。

再発見と修復

 その建造の経緯などは文献が無くよくわかっていない。10世紀にはジャワ中部のムラピ火山が大噴火を起こし、人々が住めない状況となったため、ボロブドゥールの存在も忘れられてしまい、19世紀にイギリスのラッフルズによって再発見され、その後はオランダ人によって修復が進められた。最近ではユネスコの手で修復工事が行われ、その構造や建築技法が判ってきた。ボロブドゥール遺跡は東南アジアの仏教建築の最高傑作とされ、世界遺産に登録されている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章2節 イ.インド・中国文化の受容