印刷 | 通常画面に戻る |

ラッフルズ

イギリスの植民地行政官として、ジャワ島の経営、シンガポール買収と建設にあたった。

ラッフルズ Thomas Stamford Raffles 1781-1826 は、「シンガポールの建設者」として知られる、イギリスの東南アジア植民地支配に活躍した植民地行政官。1819年、ジョホール王国からシンガポール島を買収し、商館と植民地を設立した。
 ラッフルズは父が船長で、ジャマイカ沖の船上で生まれた(1781)。14歳で東インド会社の臨時雇いとなり、勤勉に勤め、19歳で正社員となった。1811年、イギリス軍がフランス・オランダ連合軍(当時オランダはナポレオンの征服されていた)からジャワ島を奪回すると、ラッフルズは副総督としてその統治にあたり、さまざまな改革を行って植民地経営を進めた。しかし、ナポレオン戦争後、ジャワはオランダに返還されたため、一旦イギリスに召還された後、スマトラ島のベンクーレンに赴任した。

植民地シンガポールの建設

 その地でオランダに対抗して現地の首長と協定を結び、イギリス勢力の扶植に努め、1819年にシンガポール島に上陸してジョホール王国のスルタンに商館建設を認めさせた。さらに1823年にはその土地と主権をイギリスに譲渡させた。ラッフルズはシンガポールを自由港として貿易を振興させると共に、マラッカ海峡を抑える交通の要衝をイギリスが抑える足場を築いた。現在シンガポールの名門ホテルとして知られるラッフルズ・ホテルは彼の名前による。

Episode ラッフルズの人物評

 1805年、ラッフルズはイギリスのペナン商館書記官補として初めて東南アジアに姿を現した。ポルトガルのアルブケルケがマラッカを陥れてから300年、オランダがポルトガルからマラッカを奪ったのが1641年。イギリスはインドに時間をとられ、ようやく東南アジア進出を本格化させた。ヨーロッパではフランス革命からナポレオン戦争へと発展した大動乱の時代である。ラッフルズは大のオランダ嫌いで、フランスには好意的。一時帰国のおり、セントヘレナのナポレオンを訪ねている。
(引用)・・・彼がペナンに到着したのは、一つの時代が終わり、新しい時代が始まる区切り目だった。機械制生産によって可能となったヨーロッパ産業主義と市場経済が、アジア住民の生活を根本的に変える時が迫っていた。・・・ラッフルズについては、さまざまな評価がある。・・・人道主義的啓蒙家、自由貿易論者、すぐれた地域研究者(ジャワに関する著作があり、ボロブドゥール寺院の発見者としても知られている)、奴隷廃止論者、住民や文化に強い愛情と執着を持った人物、帝国主義者などである。どちらかというと、かれは評判のいい植民地主義者である。・・・(しかしラッフルズによって)マラッカ伝統は崩壊し、土地と主権は割譲されていった。それはこうした形で新しい主人の私腹を肥やしていった。清潔なイギリス植民地主義が、インドやマラヤでよき官僚制を育てたというのは神話だ。他人の労働を搾取する人間が腐敗しないわけがない。ラッフルズもその例外ではなかった。」<鶴見良行『マラッカ物語』1981 時事通信社 第4章>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章2節 ウ.東南アジアの植民地化
書籍案内
マラッカ物語 表紙
鶴見良行
『マラッカ物語』
1981 時事通信社