印刷 | 通常画面に戻る |

ジャワ島

インドネシア中心部の島。仏教、ヒンドゥー教、イスラーム教文化が交替しつつ独自の文化を発展させた。16世紀末からオランダが進出し、その植民地支配を受ける。第二次大戦後にインドネシア独立の中心地となる。

 ジャワ島は現在のインドネシアの中心となる島で、大きさは日本の本州の半分強。面積ではインドネシア全体の7%にすぎないが、人口では60%を超える約1億人が集中している。ジャワ原人の化石が見つかったトリニールもジャワ島にある。現在も人口密集地帯である。ジャワ島はおよそ三分の一ずつ、西部・中部・東部に分けられ、それぞれ違った歩みをしているので注意しなければならない。住民も西部はスンダ人、中部・東部をジャワ人として区別する(民族系統はいずれもマレー人)。

仏教文化とヒンドゥー文化

 5世紀頃からインド商人の渡来によってインドのグプタ文化が伝えられ、仏教・ヒンドゥー教が信仰されるようになった。またスマトラ島・マレー半島のシュリーヴィジャヤ王国とも関係があった。8世紀の中部ジャワにシャイレーンドラマタラム王国(古マタラム王国)という二つの国生まれた。シャイレーンドラでは大乗仏教が信仰され、仏教寺院としてボロブドゥール寺院が建設され、マタラム王国ではヒンドゥー教(シヴァ神に対する信仰)が信仰されていてプランバナンというヒンドゥー寺院が建設された。同じジャワ島中部のほぼお同じ8世紀に、仏教寺院とヒンドゥー寺院が建造されていることは注目すべきことである。
 シャイレーンドラ朝の方は、一時はスマトラ島のシュリーヴィジャヤと婚姻関係を結び、インドシナ半島のベトナムやカンボジアにも進出した記録があるが、はっきりしたことはわからない。10世紀ごろ、シャイレーンドラもマタラムも衰え、ジャワ島中部の文化は忘れ去られてしまった。原因はよくわかっていないが、大規模な噴火などの自然災害ではないか、という説もある。その後、ジャワ島東部には11世紀にクディリ王国が起こった。13世紀にはシンガサリ王国が起こったが、元軍の侵攻を受けることとなった。

元の艦隊の来航

 1292年、元のフビライ=ハン遠征活動の一環として大艦隊を派遣して来たときはシンガサリ王国は抵抗した。しかし内紛が生じ、国王が殺害されるという事態となった。そのとき、元と結んだ王家の一族がマジャパヒト王国を立て、権力を握るという王朝交替が起こった。マジャパヒト王国は巧みな交渉で元軍を撤退させ、独立は維持した。
フビライの意図 フビライの南方遠征は軍事的目的より、通商圏の拡大の意図が強く、しかもその実行にはイスラーム商人勢力が強く関わっていた。
(引用)その実態は、「遠征軍」とは名ばかりで、ほとんどムスリム海洋商人の主導による貿易船団であった。国家と特権を持つ海上企業とがタイ・アップした貿易振興事業といってもいい。中央にいて、南方の「出先」からの申請を認可したクビライとそのブレインたちは、そのつもりだったのだろう。ところが、ジャワ島についてみると、現地の紛争に出動を要請され、不用意に陸戦部隊が山ごえして国内戦争に介入してしまった。内戦に利用されたあげく、けっきょく撤退となった。クビライが怒ったのは当然である。敗戦に怒ったのではなく、沿岸部での通商活動という予定を逸脱して、無用の混乱を招いたことに怒ったのである。なお一万五千ほどの兵員をのせたこの船団でさえ、南シナ海からジャワ島を「航洋」した艦隊としては、史上おそらく最大であった。<杉山正明『クビライの挑戦』1995 講談社学術文庫版 p.214>

イスラーム化

 マジャパヒト王国はヒンドゥー教を奉じていたが、16世紀から西部にバンテン王国、東部にマタラム王国というイスラーム勢力が生まれ、イスラーム化が進んだ。この地がイスラーム化したのは、東南アジア最初のイスラーム国家で港市国家として栄えていたマラッカ王国が、1511年にポルトガルによって征服されたことが理由である。マラッカ海峡を通るとポルトガルの関税が課せられることになったムスリム商人は、それを避けてスマトラ島とジャワ島の間のスンダ海峡を通ろうとするようになり、スンダ海峡に面したジャワ島西部がまずイスラーム化してバンテン王国が成立した。ついでジャワ島西部ではヒンドゥー教国のマジャパヒト王国は衰えており、代わってイスラーム教国マタラム王国が起こった。

オランダ東インド会社

 1596年、オランダ艦隊がバンテンに来航してオランダ(ネーデルラント連邦共和国)の進出が始まり、オランダ東インド会社の植民地経営の拠点として1619年にバタヴィア(現在のジャカルタ)が建設された。その後オランダはモルッカ島の香辛料などを獲得してジャワ島をその集積地として中継貿易を展開、1623年にはアンボイナ事件でイギリスを排除することに成功したが、17世紀後半から18世紀にかけてイギリスが海洋帝国として隆盛期を迎えると次第に衰えていった。

オランダ東インド会社の解散

 オランダは次第に貿易から領土支配へとその関心を変化させていった。香料などの奢侈品の交易から、コーヒーサトウキビなどのプランテーション経営に方針を切り替え、ジャワ島の領土化をはかり、バンテン王国、マタラム王国を事実上の保護国として、オランダ領東インドを拡大した。フランス革命の余波でネーデルラント連邦共和国が滅亡したため、1799年にオランダ東インド会社も解散した。

イギリスの一時占領とオランダの直接統治

 さらに本国がナポレオンに占領されると、フランスと戦っていたイギリスが1811年にジャワ島を攻撃し占領した。イギリス東インド会社はラッフルズを派遣してジャワ島植民地化を進めたが、ナポレオンの敗北後にイギリス本国はフランスとの緩衝国家としてオランダ立憲王国(連合王国)の独立を認めるとともにジャワ島の返還を決定したため、イギリスの支配は短期間で終わり、それ以後はオランダがオランダ領東インドとして直接支配をすることとなった。その後、1824年のイギリス=オランダ協定でイギリスはマレー半島、オランダは現在のインドネシア島嶼部を領有することが確定した。

反オランダ闘争と強制栽培制度

 1825年~30年にはディポネゴロを中心とした反オランダ蜂起であるジャワ戦争が起こったが、それを鎮圧した後、オランダの総督ファン=デン=ボスは強制栽培制度によるコーヒーサトウキビ、藍の生産を強制した。ジャワ島は耕地がコーヒー、サトウキビ、藍栽培用の大農園(プランテーション)に切り替えられたため、米不足となって飢饉が発生した。

インドネシアの独立

 20世紀に入り、インドネシア民族運動が始まり、ジャワ島もその中心地として、カルティニを先駆者として、サミンの民ブディ=ウトモサレカット=イスラームなどの組織が活動した。
 第2次世界大戦中には一時日本軍の軍政下に置かれた後に、オランダとの独立戦争を戦い、1950年にインドネシア共和国として独立し、バタヴィアは首都ジャカルタとして、政治経済の中心地となっている。1955年にはジャワ島のバンドンで、第1回のアジア=アフリカ会議が開催された。