印刷 | 通常画面に戻る |

クディリ朝

11世紀にジャワ島東部にあったヒンドゥー教国。

ジャワ島東部に11世紀の初めに生まれた。初代の王エルランガ王(1037年~1049年)を讃える碑文が残っており、それによるとヴィシュヌ神の化身とされ、バラモンによって推されて王になったという。このころから仏教に代わりヒンドゥー教が優勢となり、『マハーバーラタ』もジャワ語に翻訳され、ジャワ独特の影絵芝居ワヤン=クリの題材とされるようになる。ジャワ島には次の13世紀にはシンガサリ朝が元の侵入を撃退したことで知られ、13世紀末にはマジャパヒト王国が登場する。マジャパヒト王国を最後に、次のマタラム王国からはジャワはイスラーム化することとなる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章2節 イ.インド・中国文化の受容