印刷 | 通常画面に戻る |

マジャパヒト王国

ジャワ島東部のヒンドゥー教国家。13世紀末、元のフビライの遠征軍派遣に抵抗する中から、成立した。16世紀にジャワ島にイスラーム教国マタラム王国が成立し滅ぼされた。

 ジャワ島に興ったヒンドゥー教の王朝。ジャワ島にはシンガサリ朝があり、1292年元のフビライ=ハン遠征活動がこの地にも及び、元の海軍の侵入を受けることとなったが、反乱が起こり国王クルタナガラ王が殺された。その女婿のヴィジャヤは同じくジャワ島東部のマジャパヒト村(苦い果実という意味)に逃れ、王位を回復するため来寇した元軍の協力を取り付けるのに成功し、反乱軍を鎮定した。こうしてマジャパヒト王国が成立し、王は巧みに元軍を帰国させて独立を守った。その後も元および明には朝貢を続けながら、存続した。15世紀にはマラッカ海峡を抑えたマラッカ王国が台頭し、東南アジア海域の交易をめぐって抗争するようになった。

ヒンドゥーからイスラームへ

マジャパヒト王国はヒンドゥー教国であったが16世紀にイスラーム教を奉じるマタラム王国が同じジャワ島の西部に成立すると次第に劣勢となり、滅ぼされる。シンガサリとマジャパヒトは同一の王統の国なので、シンガサリ=マジャパヒト王国と表記することもある。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 イ.元の東アジア支配