印刷 | 通常画面に戻る |

富国強兵

中国の戦国時代、各国の王が国を強大にしようと競ったこと。

戦国時代の有力諸侯はそれぞれを称し、周王を無視して国家の統治に当たった。そのためにとられた方策が富国強兵策であり、文字通り、国を富ませ、兵を強くすることを最優先にした政策である。各国が治水事業を興して生産力を高めて増税をはかり、兵力の維持拡大を図った。それを可能にしたのが鉄製農具、鉄製の武具の普及であった。また、そのための方策をどのおうに実現するかをめぐりいろいろな学者が現れ、各国の王に仕えた。それが諸子百家である。なお、この語は明治維新後の日本政府が殖産興業とともに掲げたスローガンとして使われた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 エ.春秋・戦国時代