印刷 | 通常画面に戻る |

蟻鼻銭

蟻鼻銭

中国の戦国時代、江南の楚で鋳造され、流通した青銅貨幣。

ぎびせん。貝銭とも云う。戦国時代青銅貨幣の一つで、金属が流通する前の貨幣であった貝をかたどったもの。江南地方のでで流通。1.5~2センチ程度の大きさで、蟻の頭のような形をしているので蟻鼻銭という。表面には文字らしいものが彫られているが未解読。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 オ.社会変動と新思想