印刷 | 通常画面に戻る |

垓下の戦い

前202年の劉邦と項羽の決戦。劉邦の勝利で漢の成立が実現した。

がいかのたたかい。漢の劉邦と楚の項羽は、和議を成立させ、それぞれ軍を引くこととしたが、劉邦が一方的に約束を破り、背後から楚軍を攻撃し、ついに項羽の楚軍を垓下(安徽省)に追いつめ包囲した。「四面楚歌」の話はこのときのことである。前202年のこの戦いで、漢の劉邦の優位が確定する。重囲を脱した項羽は故郷の江南を目指したが、長江(揚子江)北岸の烏江で漢軍に追いつかれ、乱戦の中自殺した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 カ.秦の統一