印刷 | 通常画面に戻る |

張角

後漢時代の太平道を組織し黄巾の乱を起こした人物。

河北省南部の鉅鹿の人。自ら「黄天」の神の使者であると称し、病気に悩む人々の治療に当たっていた。貧困に苦しむ民衆の心を捕らえた張角は「太平道」という新興宗教を組織し、数十万の信徒を得るまでになった。184年、黄巾の乱を起こしたが、鎮圧された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 キ.漢代の政治