印刷 | 通常画面に戻る |

太平道

後漢時代に張角が始めた民間宗教教団。184年、農民反乱の黄巾の乱を起こした。

 後漢末に、張角が始めた民間宗教。罪を懺悔告白し、お札と霊水を飲み、神に許しを乞う願文を唱えると病が治る、というような現世利益を説いた。そのような具体的な救済法が民衆に受け入れられ、貧困と悪政に悩む民衆の心を捕らえたものと思われる。

黄巾の乱を起こす。

 後漢末の社会不安の中で勢力を伸ばし、教団組織は軍団組織を兼ねるようになり、184年に後漢王朝の打倒を唱えて挙兵した。それが黄巾の乱である。張角もまもなく死亡し、太平道は後漢の武力によって弾圧されて消滅したが、同じころ四川省で起こった五斗米道とともに、後に中国の民間信仰である道教につながっていく。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
2章3節 キ.漢代の政治