印刷 | 通常画面に戻る |

中国の南北朝時代の南朝の最後。隋に滅ぼされた。

もと浙江省の貧しい家に生まれた陳覇先が、軍人となって台頭し、の混乱に乗じてその最後の皇帝から強引に禅譲を受け皇帝となった(557年 陳の武帝)。陳朝はいくつかの有力な軍団が寄り合い所帯のように同盟を結んだもので、589年に5代で滅亡した。この南朝最後の王朝を倒し、中国を約360年ぶりに統一したのが隋である。589年、陳朝の都建康の総攻撃を行ったのは隋の楊広、後の煬帝であった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 イ.分裂の時代