印刷 | 通常画面に戻る |

占田法

西晋で採られた土地制度。

蜀と呉を滅ぼし、中国を統一した西晋の武帝(司馬炎)は、兵士を帰農させ、あわせて土地制度と税制を整備した。その土地制度が占田法・課田法、税制が戸調式である。しかし、その実体は不明な点が多い。占田とは、田を申告することの意味と考えられる。自由農民は男子で70畝、女子で30畝の占田とされ、また品等に応じて占田が行われた。課田法とあわせて、各戸から徴収される調(絹と綿で納める)の額が決められた(戸調式)。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 ウ.社会経済の変化