印刷 | 通常画面に戻る |

上京竜泉府

渤海国の都。東京城とも言う。

じょうけいりゅうせんふ。渤海には五つの都があったが、その中で最も栄えたのが上京竜泉府であり、東京(とんきん)城といわれた。現在の中国黒竜江省寧安県にあるその遺跡は、1939年の発掘報告書によると唐の長安に倣った整然とした区画を持つ都城であったことがわかった。東京城は内城と外城に分けられ、内城には六個の宮殿跡が見られる。

Episode 渤海で発見された和同開珎

渤海の都上京竜泉府(東京城)遺跡の国王の居住空間であったと考えられている第5宮殿跡から日本の和同開珎が一枚、出土した。これは758年(天平宝字2年)に出発した遣渤海使小野朝臣田守がもたらしたものあろうと推定されている。『万葉集』には藤原仲麻呂邸で出発前に餞別の宴がもたれたことが記されている。小野田守はその年の秋、渤海使を伴って越前に帰り着いた。<藤井一二『和同開珎』中公新書 1991 p.58-62>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 ウ.唐と隣接諸国