印刷 | 通常画面に戻る |

遣隋使

日本の飛鳥時代、聖徳太子が派遣。隋の煬帝に遣使。

607年、聖徳太子が小野妹子をに派遣したのが第1回。なお、『隋書』には600年にも日本からの使節が来航した記録があるが、『日本書紀』には見えていない。607年に小野妹子の持参した聖徳太子の隋の煬帝にあてた国書には、「日出ずる処(ところ)の天子、書を日没する処の天子に致す。恙(つつが)なきや」とあったため煬帝は不快に思ったが、当時高句麗討伐を計画中であったので、その背後にある日本の国書を受け入れた。遣隋使とともに留学生(高向玄理ら)や留学僧(僧旻ら)が隋に派遣され、彼らが帰国後、大化の改新での中国風の国家形成の改革に寄与した。煬帝は翌608年、小野妹子の帰国に際し、裴世清を使節として日本に送った。その後、608年、614年(犬上御田鍬)にも遣隋使が派遣されている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 ウ.唐と隣接諸国