印刷 | 通常画面に戻る |

周(武周)

則天武后のとき、一時中国の国号とされた。武周ともいう。

690年、則天武后は、鳳凰や赤雀などの瑞祥(めでたい前触れ)が現れたとして、唐を周に改め、みずからは聖神皇帝と称し、武氏一族を王とした。この周は、古代の周と区別して武周という。705年、武后は年老いて病床についたため子の中宗に譲位され、国号も唐に復した。その年、則天武后は死去した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 エ.唐の動揺