印刷 | 通常画面に戻る |

燕雲十六州

936年、五代の後晋が契丹(遼)に譲った華北の一部。北方民族の華北支配の第一歩となった。

 燕雲十六州とは、現在の中国の河北省と山西省にまたがる地域で、華北のうち、万里の長城の南側、北方民族の領域に接する地帯を言う。燕州は燕京(現在の北京)周辺、雲州は大同周辺。
 長城の北側の遊牧諸民族を制圧した契丹耶律阿保機(太祖)は、華北への侵入をめざしたがその実現を前にして病没し、子の耶律尭骨(太宗)がその意志を継ぐこととなった。そのころ中国では五代十国時代の後唐に対してその配下の節度使が反乱を起こし、936年に後晋を建国した。その際、後晋は契丹の援軍を要請し、その見返りとして燕雲十六州の割譲と絹布30万匹の贈与を約束した。これ以後、漢民族の居住する農耕地域である燕雲十六州は、契丹(後にに改称)の支配下に入ることとなった。その後、後周が奪回を試みるが成功せず、遼の支配が続き、1125年に遼が滅亡した後も金、元という異民族支配が続き、この地が漢民族王朝の支配下に戻るのは明の時となる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 イ.北方の諸勢力