印刷 | 通常画面に戻る |

武断政治(中国)

唐末から五代の、節度使などの軍事力を持った権力者による統治。

 唐末から各地に置かれた節度使は、管轄する州の軍事にとどまらず、民政全般の権限を付与されたため、次第に独立政権として力を蓄え、唐滅亡後の五代十国の争乱期ではそれぞれが独立した王国を建てて対立した。このような本来軍事上の官職に過ぎない立場のものが、政治権力を握り、その武力を背景に統治することを武断政治という。唐末の節度使から五代十国がそれにあたり、その混乱を平定した宋の太祖趙匡胤は、いわゆる文治主義に切り替え、官僚統治を復活させることに主眼を置いた。
 また1910年代の日本の朝鮮植民地支配の総督府による統治も現役の軍人が総督となったので、武断政治と言われる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 オ.五代の分裂時代