印刷 | 通常画面に戻る |

耶律楚材

モンゴル帝国に仕えた契丹人。

 やりつそざい。モンゴル帝国チンギス=ハンオゴタイ=ハンに仕えた官僚。契丹人で、はじめに仕えていたが、1214年モンゴルの攻撃で金の中都が陥落した際、チンギス=ハンに召し出され仕えることとなった。チンギス=ハンの西方遠征に同行、その記録『西遊録』を著した。ついでオゴタイ=ハンに仕え、それまで体系的な税制のなかったモンゴル帝国に中国式の税制を導入し、その中国統治に大きな役割を果たした。オゴタイ=ハンの死後は不遇であったらしい。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 ア.モンゴルの大帝国