印刷 | 通常画面に戻る |

カラコルム

モンゴル帝国の第2代オゴタイ=ハンが建設した都。

 1235年、モンゴル帝国の第2代オゴタイ=ハンが建設した都城。カラ・コルムとは「黒い砂礫」の意味。モンゴル帝国は、チンギス=ハンのころは定まった都を持たず、天幕で移動していたので、これがモンゴル帝国最初の都である。モンゴル高原の中の地味の豊かな草原地帯につくられた都で、ここを中心に、モンゴル帝国領内に道路網が建設され、街道には駅伝(ジャムチ)が設けられた。
 カラコルムにはグユク、モンケまでのハンが住み、モンゴル人、中国人、イスラーム教徒の他、ヨーロッパ人も住んでいたという。またヨーロッパのローマ教皇から派遣されたプラノ=カルピニ、フランス王の派遣したルブルックなどが来訪している。フビライ=ハンが大都に遷都してからも存続したが、モンゴル帝国滅亡後は荒廃し、消滅した。1889年以来、遺跡が発掘調査されている。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 ア.モンゴルの大帝国