印刷 | 通常画面に戻る |

サンドラ=パサイ王国

13世紀にスマトラ島に成立したイスラーム教国。

13世紀にスマトラ島の北端にあったイスラーム教国。サムドラとは「スマトラ」の地名のもとになった古い地名で、パサイはその外港の名前。13世紀末、元の使節に従って海路ペルシアに向かったマルコ=ポーロがこの地に滞在したことが『東方見聞録』に見える。そこではこの地の王がイスラーム教徒であるとは書かれていないが、ムスリムが多かったことが知られる。後のマレー語で書かれた歴史書ではそのころからイスラーム商人と神秘主義教団によってイスラーム化が始まったことがうかがえる。1346年にはイブン=バットゥータがインドから中国に向かう途中、サンドラ=パサイに立ち寄り、スルタンに面会している。この国は港市国家として栄えたが、東南アジアのイスラーム教徒が増えるにつれ、そのメッカ巡礼の中継地としても繁栄した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章3節 イ.東南アジアのイスラーム化