印刷 | 通常画面に戻る |

マルコ=ポーロ

13世紀、元のフビライに仕えたヴェネツィアの商人。

 イタリアのヴェネツィア生まれの商人。1271年、17歳の時、父や叔父と一緒に東方への旅に出発し、陸路をとり、トルキスタン、西域を通って、1275年に元の都大都に至った。元の世祖フビライ=ハンに厚遇され、政務に参加した。1292年にイル=ハン国に嫁ぐ王女を送って泉州を出航、海路マラッカ海峡を通って使命を果たした後、1295年にヴェネティアに帰った。マルコ=ポーロはヴェネツィアに帰国後、貿易に従事していたが、ジェノヴァとの戦争が起こり、その時捕虜となって捕らえられ、獄中でその見聞をルスティケロという人物に話をした。ルスティケロが記述したのが『世界の記述(東方見聞録)』である。

Episode マルコ=ポーロは本当に中国へ行ったのか

 マルコ=ポーロは元の都の大都に赴き、フビライに用いられて様々なことを見聞し、その見聞録が『東方見聞録』であり、日本の含むアジアの詳細な情報が初めてヨーロッパに伝えられたもの、と一般には信じられている。しかし、『東方見聞録』はマルコ=ポーロが筆記したものではなく、しかも版を重ねるにつれマルコ=ポーロ以外の伝聞が加えられていった疑いがある。また、現在では学者の一部には、中国側(元)の史料にマルコ=ポーロのことが一切出てこないこと、17年も中国にいたはずなのに、当時の中国の普通の習慣、たとえば「茶」のことや、「纏足」のことなど、また「万里の長城」などにもふれられていないといったことを理由に、マルコ=ポーロがはたして本当に中国まで行ったのか、と言う疑問を呈している。たしかにいくつかの疑問点はあるが、『東方見聞録』が13世紀の中国を中心とするアジアの状況を伝える貴重な資料であることは間違いはない。<フランシス=ウッド 粟野真紀子訳『マルコ・ポーロは本当に中国へ行ったのか?』1995 草思社>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 ウ.モンゴル時代のユーラシア
書籍案内

フランシス=ウッド 粟野真紀子訳『マルコ・ポーロは本当に中国へ行ったのか?』1995 草思社