印刷 | 通常画面に戻る |

シャー=ナーメ/王書

ガズナ朝のフィルドゥシーが著したイラン人の伝承を集めた著作。

 アフガニスタンから北インドを支配した、イスラーム教国のガズナ朝マフムードに仕えていたフィルドゥシーが著した、イラン人の神話、伝説、歴史を書いた大叙事詩。『王書』と訳す。ペルシア語で書かれており、イランの民族意識を高めるペルシア文学の最高峰とされている。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章4節 ウ.学問と文化活動
書籍案内

フィルドゥーシー
/岡田恵美子訳
『王書―古代ペルシャの
神話・伝説』
1999 岩波文庫