印刷 | 通常画面に戻る |

カタラウヌムの戦い

451年、フン人のアッティラ大王が西ローマなどの軍に敗れた戦い。

451年、アッティラ大王の率いるフン帝国軍と、西ローマ帝国・西ゴート王国などのゲルマン諸国の連合軍の戦闘。カタラウヌムはフランス・シャンパーニュ地方の一部と想定されている。
ドナウ川中流域(パンノニア)にいたアッティラは、451年ラインを渡河、ガリアに侵入、さらに南方に向かい、ローマ中枢に迫る勢いを示した。迎え撃った西ローマと西ゴートの連合軍とカタラウヌムの原野で激突し、フン帝国軍は撃退された。さらに翌年もフン人は西ローマ領に侵入している。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章1節 イ.ゲルマン人の大移動