印刷 | 通常画面に戻る |

オドアケル

ゲルマン人の傭兵隊長で西ローマ帝国を滅亡させた人物。

 ドナウ川中流域出身のゲルマン人で、ローマの傭兵隊長であった。476年クーデターによって皇帝ロムルスをローマから追放し、西ローマ帝国を滅亡させた。しかし、オドアケル自身はローマ皇帝を名乗らず、ゲルマン人の王と称し、東ローマ帝国に対しては服従の意思を表して、総督に任命された。東ゴート王国テオドリック大王によって、493年に滅ぼされた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
5章1節 イ.ゲルマン人の大移動