印刷 | 通常画面に戻る |

アッティラ

5世紀のフン帝国の王。452年には北イタリアに侵入。

 5世紀前半に中部ヨーロッパに建国されたフン人の帝国(フン帝国)の王。パンノニア(現在のハンガリー)を中心に、西はライン川、東はカスピ海にいたる広大な領土を支配した。441年には東ローマ帝国と争い、ドナウ川を超えてバルカン半島に侵入した。次いで西ローマ侵入をはかり、451年ライン川を超えてガリアに侵入したが、カタラウヌムの戦いで西ローマ帝国と西ゴート王国の連合軍に敗れた。翌年も北イタリアに侵入、ミラノ、ヴェローナなどを掠奪し、ローマに入ったが、ローマ教皇レオ1世に説得されて退却、さらに疫病のために撤退した。453年、結婚の翌日、急死した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章1節 イ.ゲルマン人の大移動
書籍案内

エッシャー/レベディンスキー『アッティラ大王とフン族』
2011 講談社選書メティエ