印刷 | 通常画面に戻る |

アウクスブルク

ドイツのバイエルン地方の鉱工業都市。

ドイツ内陸部のバイエルン州の都市。初代ローマ皇帝アウグストゥスが紀元15年に設置した要塞が起源。近郊に銀山があり、鉱工業が発達、また内陸の交易の中心として繁栄し、1276年、帝国都市となる。15世紀末にフッガー家がこの地に起こり、大きな富を築く。アウクスブルク産のは15世紀末から16世紀の大航海時代の重商主義を支えたが、16世紀後半以降は新大陸の銀が大量にヨーロッパにもたらされるようになって、衰退する。1555年には、この地でキリスト教の旧教と新教の両派がアウクスブルクの和議を結んだことでも知られる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 イ.商業の復活