印刷 | 通常画面に戻る |

司教座都市

司教の置かれた教会のある、中世ヨーロッパの都市の起源の一つ。

ローマ帝国末期以来、キリスト教の大司教司教のおかれた都市。司教都市とも言う。キリスト教の教区である司教区の中心として、宗教的・政治的な中心地となった。司教座都市には周辺の荘園から人と物資が集まり、中世の都市の起源となった。代表的な司教座都市はドイツのケルンで、もとはローマの植民市(植民市を意味するコロニアがケルンの語源)に始まり、795年にケルン大司教座が置かれ、13世紀にはケルン大司教は選帝侯にも選ばれて繁栄した。1288年に帝国都市として自治権を獲得した。ほかに同じくドイツのマインツ、トリーア、フランスのボルドー、トゥール、ルーアン、などが司教座都市から発展した都市である。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 ウ.中世都市の成立