印刷 | 通常画面に戻る |

帝国都市

中世ドイツにおいて、神聖ローマ皇帝に直属することによって封建領主の干渉を排除して自治権を獲得した都市。

 中世ヨーロッパの都市は、さまざまな方法で自治権を獲得していったが、そのありかたは地域によって異なっていた。北イタリアに発達した自治都市(コムーネ)は最も自治権が強く、都市共和国として一個の独立国家と同じように諸外国とも外交関係を結ぶほどであった。それに対してアルプス以北のドイツの都市の自治権は異なった性格を持っていた。
 中世ドイツの都市は、はじめは近傍の封建領主の支配を受けていたが、その支配から逃れるため、神聖ローマ皇帝に直属し、その直轄領となることで勅許状を得て自治を認ねてもらうところが出てきた。そのような都市を帝国都市といい、自治都市の一般的な形態となっていった。帝国都市は自由都市とも言われ、一定の条件を満たす市民には自由が与えられ、ドイツのことわざで「都市の空気は自由にする」と言われた。
 しかし、帝国都市は独立した国家とは言えず、皇帝に対し忠誠を誓い、軍役(皇帝のために軍事費を出す)と税を負担した。そのかわりとして市政・経済上の一定の自治と裁判権を認められ、神聖ローマ帝国の領邦とならんで帝国の身分制議会出席する権利を有した。
 代表的な帝国都市はハンブルク、ブレーメン、リューベック、フランクフルト、ニュルンベルク、アウクスブルク。このうち、リューベックは北ヨーロッパに広がっていた都市同盟のハンザ同盟の盟主となった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 ウ.中世都市の成立