印刷 | 通常画面に戻る |

文字の獄

清の時に行われた、反清朝的な言論を封じる言論弾圧。

 中国の歴代王朝では、王朝の支配に疑念をはさむような言論、出版はたびたび弾圧され、禁書の処置がとられた。秦の始皇帝の焚書・坑儒も一種の言論弾圧であった。文書の中の文字の使用についても、朝廷の権威を穢すような用例は厳しく取り締まられ、その罪を犯したものが処罰されることがあった。これを文字の獄(もんじのごく)といい、明の洪武帝は頭髪が薄かったので「禿」や「光」の字のある書物を取り締まった例がある。しかし、特に徹底して行われたのが康煕帝、雍正帝や乾隆帝の時代であった。

雍正帝の「文字の獄」

 清朝は反清朝、反満州人の内容の図書を厳しく取り締まった。たとえば、雍正帝の時、内閣学士の査嗣庭が科挙の試験で出題した「維民所止」(これ民のおるところ)という4字が、維は雍の、止は正の首をはねたものだとして投獄し、獄中で病死するとその死体をさらし、その子を死刑にしたという。また朱子学者の呂留良は、清朝を夷狄が建てた王朝であり、中国史上最も暗黒の時代であると論じていた。その死後、問題とされ雍正帝はその棺を暴いて改めて斬首し、首を獄門に曝し、子と弟子は死罪、一族は奴隷の身分に落とした。

乾隆帝の「文字の獄」

 乾隆帝は62歳の時、全国から典籍を集め、四庫全書の編纂に着手、天下に古今の群書の提出を命じた。江南地方は文化程度が高く、多くの典籍が集まるものと期待されていたが、予想に反して応募が少なかった。現王朝を夷狄視する禁句があるために提出を恐れているのではないかと疑った乾隆帝は、江南に的を絞って十五回にわたる上諭を発し、その結果数万冊の書籍を徴発し、不敬な文字があるとしてすべて焼却した。その理由は言いがかりに等しいもので、たとえば「一世に日月無し」とあれば、日と月を併せて明の文字になることから、明朝を追慕するものであるとするような事例であった。<入江曜子『紫禁城―清朝の歴史を歩く』2008 岩波新書 p.50-51,63>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章2節 ア.清代の統治