印刷 | 通常画面に戻る |

ユトレヒト同盟

オランダ独立戦争で、独立をめざした北部7州の同盟。

オランダ独立戦争の際、1579年に成立したネーデルラント北部7州の同盟で、ゴイセンといわれたカルヴァン派の新教徒が多く、スペインからの独立をめざし、戦闘を継続することを誓ったもの。7州とは、ホラント、ぜーラント、ユトレヒト、ヘルデルラント、オーフェルアイセル、フリースラント、フロニンゲン。この7州にフランドルとブラバントの若干の都市が参加した。なお、同年、カトリック擁護を掲げてスペインとの独立戦争中止で結束した南部諸州の同盟はアラス同盟という。この結果、北部はネーデルラント(オランダ)、南部は後のベルギーと二分されることとなった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章4節 エ.オランダの独立とイギリスの海外進出