印刷 | 通常画面に戻る |

ミハエル=ロマノフ

1613年、ロシアのロマノフ朝の初代のツァーリ。

 ロシアロマノフ朝初代の皇帝(ツァーリ)(在位1613~45)。ロシアはリューリク朝イヴァン4世が死んだ後、ボリス=ゴドゥノフなどがツァーリの地位につくが、政治が安定せず、動乱時代に突入していた。ロシア全国会議は、リューリク家の遠縁で、当時父のフョードルがポーランドの捕虜となっていたミハエル=ロマノフを、わずか16歳であったが新しいツァーリに選出した。
 ロマノフ朝は、ミハイルの次の第2代アレクセイの時代に支配体制を安定させ、次の18世紀前半のピョートル1世、後半のエカチェリーナ2世の時代に全盛期を迎える。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章4節 カ.東方の新しい動き