印刷 | 通常画面に戻る |

人身保護法

1679年、イギリス議会が制定した、逮捕状なしの拘束の禁止などの人権保護のための法律。

 ピューリタン革命後のイギリスの王政復古期の1679年にイギリス議会が制定した法律。  国王チャールズ2世が、絶対王政を復活させ、専制政治を行おうとしたことに対し、議会の抵抗として制定された。その内容は、人民は理由なしに逮捕拘禁されることは無く、逮捕拘禁の場合は人身保護令状によらなければならいと定めたもの。この法令に反した裁判官は厳罰に処せられるとされた。1215年のマグナ=カルタ以来、法的に認められてきた人権を守るための立法として、現在でもイギリスの重要な法律として生きている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 ウ.イギリス議会政治の確立