印刷 | 通常画面に戻る |

フベルトゥスブルク条約

1763年にプロイセンとオーストリアが締結した、七年戦争の講和条約。プロイセンのシュレジェン領有が確定した。

 1763年、七年戦争の講和条約として、プロイセン王国オーストリアの間で締結された講和条約。フベルトゥスブルクはライプツィヒの近郊。内容は次の二点。
シュレジェンはプロイセン領でることをオーストリアは再承認する。
・プロイセン王フリードリッヒ2世は、オーストリアのヨーゼフ(マリア=テレジアの息子。当時はオーストリア大公)が将来神聖ローマ帝国皇帝に選出されるときはそれに協力することを約束。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 オ.プロイセンとオーストリア