印刷 | 通常画面に戻る |

ニスタットの和約

1721年の北方戦争でのロシアとスウェーデンとの講和条約。ロシアはバルト海進出を果たした。

ロシアピョートル1世の時の、スウェーデンとの北方戦争の結果として1721年に締結された、講和条約。ニスタットは講和会議の開催されたフィンランドの地名。ロシアはリガを含みリヴォニア、エストニア、イングリア、カレリアの一部などバルト海沿岸の地域を獲得。スウェーデンはロシアに占拠されていたフィンランドを回復したが、賠償金の支払いの義務を負った。両国は商業の自由を約したが、ロシアは念願のバルト海進出を果たし、スウェーデンはその覇権を失った。ロシアの発展にとって重要な転機となる条約であった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 カ.北方戦争とロシア