印刷 | 通常画面に戻る |

プガチョフの反乱

18世紀後半、ロシアのエカチェリーナ2世の時に起こった大規模な農民反乱。

1773年、エカチェリーナ2世統治下のロシアで起こった大農民反乱。農奴制の強化、重税などのロマノフ朝絶対王政に対する農民反乱であった。その指導者プガチョフは、生きている「ピョートル3世」(エカチェリーナ2世によって廃され、直後に死亡したとされている)であると自称し、エカチェリーナ2世を帝位簒奪者として非難した。彼はドン・コサックであったので、呼びかけに応じて各地のコサックが蜂起、さらに帝国内のロシア人以外の民族や工場労働者まで支持を広げ、大反乱となった。1774年、オレンブルクで政府軍はプガチョフ軍に打撃を与え、プガチョフは捕らえられ、75年処刑された。反乱を鎮圧したエカチェリーナ2世はロシアの農奴制をさらに強化し、貴族との妥協を図った。
なお、このプガチョフの反乱を題材とした小説が、プーシキンの『大尉の娘』(1836)である。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 カ.北方戦争とロシア