印刷 | 通常画面に戻る |

古典派経済学

18世紀のイギリスで生まれた経済学でアダム=スミスが大成。

1776年のアダム=スミスの『諸国民の富』によって体系化された。「古典派」というのは、資本主義経済を本格的に分析した最初の学説、という意味である。古典派経済学の中心思想は、自由主義経済理論であり、冨の源泉を人間の労働に求め(労働価値説)、その労働生産性を高めるためには市場における自由な競争が必要であり、国家は企業の経済活動に対し規制や介入を加えるべきではないというものである。このように古典派経済学は、自由な人間の活動や私有財産、利潤追求といった近代ブルジョワ民主主義社会の人間観と合致する経済思想であったといえる。
 アダム=スミスの後、リカード(1772~1823)が自由貿易の利点を具体的に明らかにすることによって、1830年代以降のイギリスの自由貿易政策を実現させた。また、マルサス(1766~1834)は、『人口論』で人口増加にともなう食糧の不足を貧困の原因と捉えた。19世紀は古典派経済学の最盛期であったが、一方で古典派経済学に学びながら、資本主義そのものを批判的に分析したのがマルクス(1818~1883)であり、その史的唯物論に基づいた学説が「マルクス主義経済学」である。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章3節 イ.啓蒙思想