印刷 | 通常画面に戻る |

ナポレオン法典/フランス民法典

ナポレオンが制定したフランスの民法典。

第一統領のもとに四名の起草委員会を設け、ナポレオン自身も参加して審議された。彼は古代の東ローマ皇帝ユスティニアヌスローマ法大全を貧乏小尉のころ読破し、その章句を引用して委員を驚かしたという。1800年8月から審議、1803年から1章ずづ議決し、1804年3月に36章の公布を終了した。初め「民法典」といわれ、後1852年に「ナポレオン法典」となる。

ナポレオン法典の内容と意義

 所有権を中心とする封建的秩序に対するブルジョアジーの勝利を確定させたところにその意義がある。土地の質権、抵当権を承認、均等分割相続を規定している一方、家族を尊重、家長の位置を高めている。その他、法の前の平等、国家の世俗性、信仰の自由、労働の自由など、革命の遺産を固定させる内容を含んでいた。この理念はナポレオンの征服戦争と共に、ヨーロッパに拡大される。<井上幸治『ナポレオン』 岩波新書 P.96>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第11章3節 エ.皇帝ナポレオンの誕生