印刷 | 通常画面に戻る |

アメリカ労働総同盟/AFL/サミュエル=ゴンパース

1886年、アメリカで結成された全国的な労働組合組織。サミュエル=ゴンパースが指導した。熟練労働者の待遇改善を掲げ、未熟練工は排除し、政治活動も否定した。

 アメリカ合衆国最初の、労働組合の全国組織。1886年、オハイオ州コラムバスに集まった労働組合諸団体の代表は、今までの彼らの団体を解消してアメリカ労働総同盟 the American Federation of Labor (AFL)という団体を造り、既にできていた全国的職業諸組合、各州の組合連合会、おおび組合都市連合会の上に置くこととした。
 アメリカ労働総同盟は、指導者サミュエル=ゴンパース以来、政治活動には否定的で、政党を結成したり、支持政党を明確にすることはなかった。総同盟幹部が大統領選挙で特定の候補を支持することはあったが、二大政党の一方をもって他方に当たらせ、労働者にとって有利な政策を二大政党に競わせる方がよりよい方法だと確信していた。

サミュエル=ゴンパース

 ただの一年間だけを除いて1924年に死ぬまで会長を努めたのがサミュエル・ゴンパースである。彼は「単純な」労働組合主義を進め、社会主義者の影響力を抑え、労働時間と賃金、労働条件、団体交渉権、共済基金の積立、など実利のみを追求した。それは階級闘争を宣言することをさけ、資本主義体制を是認しその範囲内で労働者とくに熟練労働者の地位を改善しようとするものであった。その立場から、ゴンパースは労働組合が独自の政治活動を行うことに終始反対した。<ビーアド『新編アメリカ合衆国史』P.313、同『アメリカ政党史』p.112> → 産業別労働者組織委員会/産業別組織会議(CIO)
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章3節 ウ.工業国アメリカの誕生