印刷 | 通常画面に戻る |

トルストイ

19世紀ロシアの文学者。人道主義的な作品を多数残している。代表作は『戦争と平和』など。

 トルストイは、26歳の1855年、クリミア戦争に砲兵少尉として参加、セヴァストーポリ要塞要塞の激戦の体験を発表して注目を集めた。
・『戦争と平和』(1864~69)はナポレオンのロシア遠征に題材を採り、ロシア貴族の一群の人間関係を克明に追い、またトルストイ自身の歴史観を随所に展開した壮大な歴史小説で、傑作とされる。長編だが、世界史を学習する上では一読しておきたい。
・『アンナ=カレーニナ』(1873~76)は没落する貴族階級の家庭、恋愛を描き、古いロシア社会のモラルを批判している。
・『復活』(1898~99)は彼の宗教観に基づいた愛と救済の物語。  以上の作品はロシアの文学者、チェーホフやゴーリキーなどだけでなく、日本の近代文学、特に大正期の白樺派などに強い影響を与えた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章4節 ア.ロマン主義と自然主義