印刷 | 通常画面に戻る |

クリミア戦争

1853~56年、聖地管理権を巡るロシアとフランスの対立から戦争となる。ロシアが英仏とオスマン帝国の連合軍に敗れる。

1853~56年、いわゆる東方問題の中で起こったロシアオスマン帝国の戦争。広義には16世紀末以来のロシア=トルコ戦争の一環であるが、フランス(ナポレオン3世)とイギリスがオスマン帝国(=トルコ)を支援し、実質はロシア軍対フランス・イギリス連合軍の戦争となった。この戦争はクリミア半島を戦場とし、ヨーロッパでナポレオン戦争後、約40年にわたって続いた戦争のない時期を終わらせると共に、1848年に終わりを告げていたウィーン体制の国際秩序が完全に崩壊したことを示している。オスマン帝国はスルタンによる上からの改革であるタンジマートの進行中であった。

戦争の背景と口実

 オスマン帝国の弱体化に乗じ、黒海から地中海・中近東方面への南下政策を強めるロシアに対し、イギリスとフランスが警戒した。まず、フランスナポレオン3世がオスマン帝国に対し、イェルサレム(パレスティナ)の聖地管理権を要求し認めさせた。それはナポレオン3世が支持基盤の一つであるカトリック教会の歓心を買うためであった。それに対して、ロシアニコライ1世は、オスマン帝国領内のギリシア正教徒の保護(1774年のキュチュク=カイナルジャ条約で認められていた)を口実に同盟を申し込む。

開戦と拡大

 オスマン帝国がロシアの申し出を拒否したので、1853年7月、ロシアはオスマン帝国に宣戦、オスマン帝国の支配圏のルーマニアに侵攻し、戦闘が始まった。1854年3月、イギリス(パーマーストン内閣)はナポレオン3世にはかり、オスマン帝国を支援するため参戦した。またサルデーニャ王国がフランスの好意を得ようとして英仏側に参戦した。こうして戦争は、ロシア対オスマン帝国・イギリス・フランス・サルデーニャ王国の図式となった。

戦争の経過

 フランス軍3万、イギリス軍2万1千、オスマン帝国軍6千がクリミア半島に上陸、セヴァストーポリ要塞5万の守備隊との攻防戦が焦点となった。英仏軍の補給も困難で、戦闘は長期化したが、当初中立を宣言していたオーストリアが軍をロシア国境に集めて圧力を加えてロシアの孤立が決定的となり、ようやく55年8月、セヴァストーポリが陥落してロシアの敗北で終わった。
 このときの激戦に26歳の砲兵少尉として参加したトルストイに『セヴァストーポリ』というこのときの体験をもとにした文学作品がある。

講和会議

 翌1856年、パリ講和会議が開催され、講和条約としてパリ条約が締結された。パリ条約では、オスマン帝国の領土が保全されると共に、ドナウ川の航行の自由、黒海中立化が確認された。またロシアはベッサラビア(現モルドバ)をモルダヴィア公国に割譲し、そのモルダヴィア公国はワラキア公国と共にロシアからの自治が認められた。なおこのに国は59年に統一し、66年にはルーマニア公国となる。またセルビア公国の自治も認められた。

戦争の結果と影響

 まずフランスはこの戦争の勝利の結果、ナポレオン没落以来の地位低下からヨーロッパの強国の一角にその地位を戻した。またナポレオン3世のフランス内外での人気は高まり、専制皇帝政治を国内で作りあげることを可能にした。一方、敗れたロシアは、南下政策が大きく挫折することとなり、ウィーン体制時代の「ヨーロッパの憲兵」と言われた地位は低下した。また、ロシア軍の陸海軍の装備や戦術がイギリス・フランスに大きく立ち後れていることが判明した。ニコライ1世は戦争中の1855年に死去し、代わって即位したアレクサンドル2世は、ロシアの近代化の必要を痛感し、1861年に農奴解放令などの「上からの改革」を進め、軍隊の近代化に努めるようになる。
 ロシアはクリミア戦争の敗北でバルカン、黒海方面での南下政策を一時棚上げせざるを得なくなったので、1860年代にはもっぱら中央アジア方面への進出と、東アジア進出に向かった。ロシアが再びバルカン方面での南下の姿勢を強めるのは、アレクサンドル2世の改革が進んだ、1870年代以降になってからであり、1877年には露土戦争(狭義)に踏み切ることになる。

世界史上のクリミア戦争

 クリミア戦争があった19世紀中ごろ、世界では、中国の太平天国の乱が続いており、まもなくインドの大反乱(シパーヒーの乱、1857年)が起こる。なおアメリカが1853年にペリーを派遣して日本の開国を成功させたのは、英仏がクリミア戦争の最中であったことが背景であった。当時ロシアのニコライ1世はアメリカに対抗してプチャーチンを派遣して日本に開国を迫り、1855年2月(日本暦54年)に日露和親条約を締結している。まもなくアメリカで南北戦争が勃発し、日本から後退することとなる。
 なお、この戦争の時、イギリスの看護婦ナイティンゲールが派遣され、イスタンブールの対岸のスクタリの病院で傷病兵の看護にあたった。当時は看護婦の地位はまだ成り立っておらず、軍も従軍看護婦を認めていなかったが、彼女はそのような社会と軍の無理解を覆す働きを実践し、近代看護の創始者といわれている。またその活動が刺激となって、スイス人のアンリ=デュナンが国際的な救援機関としての国際赤十字を設立することを提唱した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章2節 ア.東方問題とクリミア戦争