印刷 | 通常画面に戻る |

テヘラン

イランの都市で、1796年にカージャール朝の都となり、パフレヴィー朝を経て現在もイランの首都。

 現在のイランの首都でイラン高原の中北部にある。もともとは長く小都市にすぎなかったが、1796年にアーガー=ムハンマドがこの地で即位してカージャール朝を開いてから都となった。その後、パフレヴィー朝の都を経て、現在のイラン=イスラーム共和国の首都として続いており、イラン随一の都市となっている。1943年、第二次世界大戦の戦後処理を話し合う連合国首脳(米英ソ)によるテヘラン会談が開催された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章1節 エ.イラン・アフガニスタンの動向