印刷 | 通常画面に戻る |

ペナン

マレー半島西海岸の島。イギリスのマレー半島支配の拠点とされた。

マレー半島の西海岸、マラッカ海峡にある島。1786年、その地のスルタンが、イギリスに譲渡して以来、イギリスのマラッカ海峡支配の拠点とされた。1805年、ラッフルズはこのイギリス商館書記官補として赴任した。1826年には、イギリスの海峡植民地の一つとされ、1946年まで続いた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章2節 ウ.東南アジアの植民地化