印刷 | 通常画面に戻る |

海峡植民地

1826年に成立したマレー半島南部、マラッカ海峡に面して設けられたイギリス殖民地。

マレー半島南部のマラッカ海峡に面した、マラッカペナン島シンガポールの三植民地を合併して、1826年に成立したイギリスの植民地。初めイギリス東インド会社の管轄下に置かれたが、1867年には本国の直轄領となり、政庁はシンガポールに置かれる。イギリスはこの海峡植民地を拠点としてマレー半島植民地化を進め、マレー連合州と合わせてイギリス領マラヤとして植民地支配を行った。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章2節 ウ.東南アジアの植民地化