印刷 | 通常画面に戻る |

イギリス領マラヤ

19世紀にマレー半島は全域がイギリスの植民地支配をうけることとなった。それを総称してイギリス領マラヤという。1957年にマラヤ連邦として独立した。

 19世紀イギリスが植民地化したマレー半島(マラヤ)を総称してイギリス領マラヤという。マレー半島はマラッカ王国が衰退した後、多くのイスラーム教国の小国に分裂している状態であった。その地に19世紀に入ってイギリスの進出が積極化する。その形成過程は次のようにまとめられる。
 1786年 イギリス東インド会社、マレー半島西側のペナンを獲得。
 1819年 ラッフルズシンガポールに上陸。ジョホール王から商館建設を認められる。
 1823年 シンガポール、イギリス領となる。
 1824年 イギリス=オランダ協定 マレー半島を勢力圏とすることをオランダが認める。
 1826年 ペナン、マラッカ、シンガポールを海峡植民地とする。
 1867年 海峡植民地三カ所を直轄地とする。
 1870年代 マレー人の小国、セランゴール、ネグリセンビラン、パハンなどの内紛に介入する。
 1874年 パンコール協定 マレー人の小国にイギリス人理事官を起き助言する権限を認めさせる。
 1895年 マレー人の小国4カ国を保護国とし、マレー連合州とする。
 19世紀末 非連合州に対する圧力を強め、事実上植民地支配下に置く。
 こうしてマレー半島は、直轄植民地(シンガポール、マラッカ、ペナン)、マレー連合州4州、その他非連合州という程度の差こそあれ、ほぼ一括してイギリス植民地となった。イギリスはマレー半島で19世紀にはスズ、20世紀にはゴム園プランテーションで大きな利益を上げ、シンガポールは自由貿易港として東南アジア最大の貿易港に発展した。しかしその反面、マレー半島には中国の華僑資本が進出し、さらに多くの中国人労働者(苦力)やインド人労働者(印僑)が流入して土着のマレー人は少数派となり、独立後も複雑な人種問題を残している。 → マラヤ連邦の独立

日本軍のマレー占領

1941年12月8日、太平洋戦争勃発と同時に日本軍がマレー半島に侵攻、42年2月にシンガポールまで攻略し、それ以後日本の軍政下に入ることとなった。

   日本は中国での日中戦争に行き詰まり、アメリカの経済封鎖もあって東南アジア方面に進出して打開を図ろうという南進論を強めていった。1941年7月南部仏印進駐を実行したが、その先の目標の一つが錫、ゴムなどの資源の豊かなマレー半島であった。この動きにイギリスはアメリカと同調して警戒するようになった。1941年12月8日、日本軍は真珠湾攻撃と同時にマレー半島北部のコタバル付近に上陸、イギリス領マラヤへの侵攻を開始した。日本はアメリカ・イギリスに宣戦布告、イギリスもまたアメリカとともに日本に宣戦布告し、両国は太平洋戦争に突入した。

マレー沖海戦

 イギリスは、日本のマレー半島上陸を想定して本国から最新鋭の大型戦艦プリンスオプウェールズとレパルスを派遣したが、12月10日のマレー沖海戦で日本海軍はこの二艦を撃沈、イギリスはチャーチル首相を始め大きな衝撃を受けた。
 陸上でも日本軍は半島を南下してシンガポールに迫り、1942年2月15日、シンガポールは陥落した。マレー作戦を指揮した日本軍の山下奉文将軍は「マレーの虎」と威名をとり、シンガポールでのイギリス軍パーシバル将軍に対し「イエスかノーか!」と降伏を迫ったことは有名。