印刷 | 通常画面に戻る |

労働代表委員会

1900年、ケア=ハーディらによってイギリスで社会主義、労働運動の組織の統一をめざして組織された。

イギリスの労働運動指導者、ケア=ハーディらが中心となって、1900年、独立労働党社会民主連盟フェビアン協会の三つの社会主義団体が、より強力な労働者階級の利益を代表する政党を結成する目的で結成した組織。65の労働組合(組合員約50万人)が加盟、後に労働党内閣の首相となるマクドナルドが書記となった。後にマルクス主義をとる社会民主連盟が脱退し、1906年の非マルクス主義の社会主義政党として労働党に発展する。 → イギリスの社会主義運動
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章1節 イ.イギリス