印刷 | 通常画面に戻る |

二・二六事件

1936年2月26日、日本で起こった皇道派青年将校によるクーデター。政府中枢を占領され、要人も殺害されたが、軍中枢の統制派によって鎮圧された。乱後の岡田啓介内閣以降、軍国主義体制が強められる事となった。

 1936年2月26日、日本陸軍の一部の青年将校がクーデターを決行、首都の中枢を一時占領し、首相官邸・警視庁・NHKその他を襲撃し、要人を殺害した。首相岡田啓介は義弟が誤認されて射殺されたが本人は生存。その他、内大臣斎藤実、大蔵大臣高橋是清、陸軍教育総監渡辺錠太郎が殺害された。元老牧野伸顕は襲撃されたが難を逃れた。クーデターをおこした青年将校は、北一輝などの右翼思想の影響を受け、政党や財閥を排除し天皇親政の国家を再建して、軍が政治の実権を握ることを目指した。軍上層の一部には反乱軍を支持するものもあったが、軍主流派の統制派は、昭和天皇の指示もあって鎮圧に動き、数日間で反乱軍は降伏した。首謀者や影響を与えた北一輝らは裁判にかけられ、死刑となった。
 反乱は鎮圧されたが、この事件は日本の右傾化に決定的な影響をもたらした。軍は一部の狂信的な皇道派は力を失ったが、統制派の軍人は官僚、政党・財界上層部と結んで広田弘毅内閣を成立させ、軍部大臣現役武官制を復活させて軍が政治を動かす体制を作り上げた。1932年の五・一五事件のクーデターによってすでに政党政治は実質的に終わりを告げていたが、二・二六事件は軍が国家権力を掌握するという日本型ファシズムを成立さえる契機となった。

1936年

 この年、ヨーロッパではスペイン、フランスでファシズムの台頭に対抗する反ファシズム人民戦線政府が相次いで成立したが、フランコの軍部反乱によってスペイン内戦/スペイン戦争となり、ドイツ・イタリアの援軍を受けたフランコ軍が人民戦線政府を倒し、またそれに対する支援問題からフランスの人民戦線政府も分裂状態となった。このように1936年は世界のファシズムの進出が決定的になった年と言うことができる。

トロツキー、二・二六事件に触れる

 当時、亡命生活を送っていたトロツキーは、日本の事件についての報道を聞いて、次のような感想を述べている。
(引用)世界の報道機関は日本の将校が大臣に血の制裁を加えたことを、燃えあがりすぎた愛国主義の軽率なあらわれとして描きだしている。実際にはこうした行為はイデオロギーこそちがうが、ロシアのニヒリストが皇帝の官僚に爆弾を投げつけたのと同じ歴史的部類に入る。日本の国民は農業のアジア性と超近代的資本主義との二重の圧迫であえいでいる。朝鮮、満州、中国は軍事的圧力が弱まればすぐにも日本の暴政に抗して起ちあがるであろう。戦争はミカドの帝国に最大の社会的破局をもたらすであろう。<トロツキー『裏切られた革命』岩波文庫 p.290><>