印刷 | 通常画面に戻る |

メーメル地方

1939年3月、ナチス=ドイツが軍事占領し併合した、リトアニアのバルト海に面した地域。

 メーメル地方とは、現在のリトアニアのバルト海に面した地域で、リトアニア唯一の外港であるメーメル(ドイツ語の表記。現在はリトアニア語でクライペダと改称されている)がある。メーメルは1252年にドイツ騎士団が建設した町で、ドイツ人が多い。ドイツ人は16世紀にプロイセンを建国しこの地も領有した。ナポレオン戦争の時にはプロイセン王はメーメルに居住した。
 第一次世界大戦後、リトアニアが独立(1923年)し、その領土となったが、ドイツ人住民のドイツ復帰要求が強く、ヒトラーはそれを利用して1939年3月、メーメル地方を軍事占領し、併合した。ヒトラーのねらいは、これによってポーランドを挟撃することにあった。第二次世界大戦後、再びリトアニア領となり、現在に至っている。<志摩園子『物語バルト三国の歴史』2004 中公新書p.178,p.255> 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章5節 ア.ナチス=ドイツの侵略と開戦